2015年3月6日金曜日

自宅でスペイン風レシピ


この前スペイン料理に行ったところ、かなりおいしくて自宅でもできないかな?と思いスペイン料理にチャレンジです。ひとまず2品作ってみました。作ったのはパエリアとスペイン風オムレツです。

パエリアもスペイン風オムレツも炊飯ジャーを活用して作りました。あまねく宅のキッチンや電気コンロの使用で火加減がいまいちだったり、火力調整がどうもうまくないこともしばしばあります。

確かな火力を維持したいなら炊飯ジャーが1番いいという結論に達しています。

日本の台所のようにガスが設置されていない家がほとんどで、設置している家でもプロパンを利用しているレベルです。

スペイン風レシピですが、鶏肉を買ってくるのを忘れたので近所の屋台にガイヤーンを買いに行ってちょっと味付けをアレンジし、活用しています。

ガイヤーンはにんにくと塩の味付けで、炭火で焼かれているのでたぶん自宅で調理するよりおいしい鶏肉になっていることでしょう。(推測)

卵についても炊飯ジャーで作るとケーキのようにきれいな形になるので気に入っています。圧力なべが使えないので、炊飯ジャーは大活躍です。

これは朝・昼兼用ですが、ちょうど夫の休日だったので朝からワインを飲みつつ、食事を楽しんでいます。昼寝したらプールでひと泳ぎしようかな?と話をしています。

日本では食べる機会があまりなかった海外料理を食べているうちにレシピの幅も自然と広がってきます。いろんな料理を作れるようになりたいところです。

2015年3月4日水曜日

市場(タラート)でTシャツを購入


今日はシーナカリンという地域で土日に開催されている鉄道市場に行ってきました。この市場はもともとウィークエンドマーケットの方で開催されていたものが、移転してシーナカリンで開催されているものです。

シーナカリンというより、シーコンスクエアーの隣といった方がピンとくる人も多いのではないでしょうか。

レトロなものから若者向けのもの、古着など色んなものが売っていてとても楽しいマーケットです。ただし人もすごく多くて、タイ人たちでごったがえしていました。日本人はみかけなかったような・・・。

夫はバンド系のTシャツが好きでたまにこうしたところで良い感じのアイテムがあれば、購入しています。これは2枚で300バーツ位だったと思います。もちろん新品です。

私は古着でもかわいければ洗濯をして活用するのですが、夫は古着は嫌とのこと。「もし前に着用していた人がわきがとかだったら鳥肌が立つ!」なんて言っています。女性はそこまで心配ない気もしますが、男性は確かに心配かもしれません。

私は古着を購入しました。ワンピース調のものでかわいいなと思ったからです。150バーツで購入したのですが、自宅に買ってタグを見てみると、ビームスのものでした。どうりでかわいいはず。

市場については衣類のお店や小物のお店、屋台なんかもわんさか出ているので食事と見学がてら出かけても楽しいと思います。バーとかもありました。

夕飯はこれまた屋台として出ていたケバブのお店でビーフのケバブをオーダーしました。希望であれば追加料金はかかりますが、チーズ入りにすることもできます。

2015年3月2日月曜日

タイ人の通勤の足「ボート」


バンコクの渋滞はとにかくひどくて朝7時~8時30分、夕方17時~20時まではほぼ絶望的な状態です。1kmの移動に30分かかることもざら。雨が降っていなければ歩けばいいのですが、雨季はそうもいきません。

渋滞対策としてタイではBTSやMRT、スカイトレーン、ボートなどがあります。BTSやMRT、スカイトレーンは日本人も利用する機会が多いと思うんですが、ボートは利用したことがないといった人も多いのでは?

ボートですがセンプーン川とチャオプラヤ川を中心に運航しています。その他オンヌットでも運行していますが、どこまで走っているのかは不明です。利用するとしたらセンプーン川とチャオプラヤ川のボートが主になると思います。

今日はラムカムヘンという大学生街のエリアに買い物に行ってきました。ラムカムヘンはラムカムヘン大学などがあり、活気がある地域です。しかしながらとにかく渋滞がひどくてラムカムヘンへ行くならボートが1番かもしれません。

ラムカムヘンにはザモールやビックCなど大型モールも充実しています。学生街なので若者向けのナイトマーケットやファッション関係のお店も多くて、見ていてけっこう楽しいスポットです。

プロンポンやトンロー、エカマイにも乗り場があります。ペップリーどおりに向かっていけば乗り場は見つかることと思います。

料金は場所によって異なるようですが、15バーツから20バーツとなっています。サイアム方面にもボートで繰り出せるのでとても便利です。

2015年3月1日日曜日

エンポリアムスイートからの夜景


友人一家がタイ入りしました。友人の祖父母も同行でその他のスケジュールもあったので、一緒に行動できたのは実質1日のみです。

友人にホテルはどこがいいか聞かれたので、BTSプロンポン駅から近いエンポリアムスイートを紹介しました。

エンポリアムスイートを紹介したのは、ここのSTUDUOがとても広く夜景が綺麗だからです。それとホテル自体もまだ新しいので、ゲストも過激すること間違いなしです。

スタンダードではなくワンランク上の部屋がおすすめです。写真は友人の部屋から撮影したもので、バンコクの夜景となっています。こんな夜景が見られるなんて、なんてすばらしい!!

いつかエンポリに住みたいなんて夢のような思いをはせめぐらせ・・・。

それはさておき、エンポリアムは買い物や食事にも便利なスポットです。旅行で疲れたときはここが1番だと思います。移動する必要もないですし食事・宿泊・お土産の買出しなどありとあらゆることができます。

日本人向けの商品も多く日本語表示もあります。エンポリアムスイートは日本人スタッフもいますし、朝のバイキングは和食もあります。すばらしいサービスです。

1泊の宿泊料金ですがベストシーズンのため1万2千円ほどでした。2人で1室ですが、日本だとおそらく1泊5万くらいする宿だと思います。もちろん5つ星です。

プールやフィットネスももちろんついています。せっかくこんないいホテルに泊まるのだから、観光ではなくホテルライフをエンジョイしたいところです。

2015年2月27日金曜日

チャーン島旅行②プールで読書

さてこうして長い経路を経てようやくチャーン島に到着しました。あまねくたちが予約したホテルはフェリー塔からさらにソンテオで移動が必要です。

ソンテオで移動してホテルに到着。それなりにいい感じのホテルだなと思いました。プールが海辺に面していて、とても綺麗です。

チャーン島はこれが初めてだったわけですが、島なのでパタヤよりも物価が高く、またのどかだなと思いました。中国人団体客はいませんでした。(静かで快適です)

ホテルについてもパタヤの1.5倍以上はします。パタヤのホテルのコストパフォーマンスはかなりいいので比較するのもおかしい話ですが。

このときの目的は快適なホテルで過ごしてプールでのんびり読書をすることです。2月という季節のせいか、まだちょっと寒かったです。3月になると相当な暑さになることでしょう。

ベストシーズンについてはバンコク周辺はプールや海が冷たい傾向にあります。プーケットなど南のほうを攻めるのが無難かもしれません。

夜は海辺のレストランでシーフードを食べました。これも恒例行事の1つですね。

海辺の時間はなんとも贅沢な時間です。バンコクに海があったら最高なのになと思います。いつか海の近くに移住したいところです。

チャーン島の海ですが、とても綺麗でした。島なので海についてはやはり綺麗ですね。綺麗な海を楽しみたい人にもおすすめのスポットです。

時間があまりないといった人はパタヤやチャーン島などバンコクから移動が可能なところもおすすめです。サメット島も海が綺麗ならしいです。